菊池渓谷 水の駅 アスレチックへ 1

投稿者: | 2017年8月31日

本格的なアスレチックSURVIVE ATHLETICPARK(サヴァイヴアスレチックパーク)へ昨日子どもたちと行って来た。

SURVIVE ATHLETICPARK(サヴァイヴアスレチックパーク)

 

息子が前々から行きたいと言っていて夏休み最後の思い出として行って来た。中学校の男子生徒に人気のFischer’s-フィッシャーズの影響だ。Fischer’s-フィッシャーズもSURVIVE ATHLETICPARKに行きYouTubeにも投稿されている。

 

菊池渓谷は夏でも少し寒いので長袖など用意して行ったが全然寒くなく半袖で大丈夫だった。まずかったのが靴。。スニーカーは滑るので運動靴をお勧めする。裸足はダメ(裸足で上っている人がいてすぐ係りの人から注意されていた)で靴が滑ると全然上れない。。。後から知ったが靴が滑らないようにするスプレー?が置いてあり、みんなスプレーの近くに置いてあるぞうきんにそのスプレーをかけ、そのぞうきんの上で足踏みをして滑らないようしていた。

平日なのでそこまで人はそこまで多くなかった。ロッカーがあったが私は目の前が駐車場だったので、車の中に荷物などを置きロッカーは利用しなかった。しかし目の前の駐車場は少ない。受付の際、手にスタンプを押してもらうのでスタンプを見せれば1日中出入りOK。しかし昼食に出かける時はさすがに係りの人にレンタルしていたヘルメットやひざ当てなどを一旦返却した。娘のみ一輪車のヘルメット、ひざ当て、ひじ当てを持っていたのでそれを使用した。

キッズステージ・ステージ1・ステージ2・ステージ3とあり、小学生はステージ1までで、中学生はステージ2まで。息子は背が低いので小学生で受付されようとしたので、中学生です!とすぐ訂正をした。でないと、息子はステージ1までしか出来ない。。小学生や中学生もステージをクリア(運営者のジャッジが必要)すれば、次のステージに進める。しかしとてもでないがクリアなんてとても、とても…。子どもが一緒にしようと言うので私も申し込んだが、お母さんが一緒にしている人は誰もいなかった。。😖 お父さんですら一緒にしている人は1人ぐらいしかいなかった。

 

幼児用に用意してある下記の遊具は無料で遊べる。

SURVIVE ATHLETICPARK(サヴァイヴアスレチックパーク)

 

下記のキッズステージですら難しかった…。

 

次はキッズステージの説明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です