在宅ワーク「クラウドソーシング」のシステム手数料って?

投稿者: | 2017年9月29日

空いた時間に自宅で在宅ワークが出来ないかと半年前ぐらいにいくつか登録してみた。私が登録したのはクラウドソーシングと言われるサービスで、ユーザ登録をし自分に合った仕事を検索し、マッチするものがあったら仕事をするというもの。。毎日のように新しい仕事が登録されました!とメールが送られて来るが、なかなかこれ!と言う物がなく先に進めず、3分で出来ますよ!10分で出来ますよ!という軽いアンケートぐらいしかまた仕事をしたことがない。

なので当たり前だが金額も微々たる物…。その金額を見ていた時に先日「システム手数料」と言う項目を見つけた。このクラウドソーシングというものはシステム手数料というのが発生し報酬から差し引かれると書いてある。それが結構な割合なのだ。微々たる金額から手数料を引かれたら…と私が登録している3社を比べてみることにした。

Crowdworks(クラウドワークス)
Lancers(ランサーズ)
Shufti(シュフティ)

 

Crowdworks

Crowdworks

よくネット上で広告を見るサイト。広告に力を入れているのかしら…。

Crowdworks

システム手数料は10万円以下の場合は20%も引かれる。契約した仕事まとめての金額ではなく個々に計算されるのでほぼ20%になると思う。(私の場合…)

 

Lancers

Lancers

こちらもCrowdworksと同じシステム手数料となっている。こちらはたまに仕事の依頼主の方から仕事しませんか?と登録しているメールアドレスに送られて来ることがある。

 Lancers

 

Shufti

Shufti

こちらは3社の中で1番システム手数料が10%と少なかった。金額に関係なく全て10%。分かりやすくもあり安いので助かる。20%と10%の違いはかなり大きい。きちんとチェックしてから仕事をするべきだと思った。

Shufti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です