永久歯が欠けた!どうする?

投稿者: | 2018年4月7日

息子の歯が欠けてしまった。ちょっとだけだが永久歯が欠けてしまった。お風呂でウトウトしていて歯をぶつけてしまったとの事。それだけで欠けてしまうのか。。永久歯でそれも下の前歯だったので息子はかなりブルーになっていた。

歯が欠けた

ざっとした性格の私にはあまり分からないぐらい、ちょっとだけ欠けているだけだったが、痛い、しみると言うし、ブルーな気持ちを取り除くためにも早めに行くことにした。

行きつけの歯医者に無理を言って今日見てもらった。子どもの場合、歯の神経が太いのでちょっと欠けただけでも痛がると言われた。大人になるにつれて神経が細くなっていくので鈍感になって行くそうだ。

ちょっとしか欠けてないので削ればあまり分からなくなるそうだ。しかし今は欠けたばかりなので、痛みが無くなるまで削らず落ち着いてから削りましょうと言われた。

たまに神経までやられて神経を抜かないといけない場合があるが、ちょっとしか欠けてないのでたぶん大丈夫でしょう、様子を見ておきましょうとも言われた。

息子は、欠けたのがあまり分からなくなると言われてホッとしていた。メンタル的にも早く行って良かった。

爽快

 

以前、職場の同僚の女性、歯に風鈴が当たり、歯が欠けてしまったことがあった。風鈴を付けようとしていて風鈴が落ちて来たのだ。

その時は結構大きく欠け、欠けた歯を近くの歯医者に持って行った。しかしそこの歯医者は、歯は引っ付けられませんよ…と、その欠けた歯はポイッと捨てられてしまった。そして欠けた歯は治療もせずそのまま…。

しかし彼女は歯が欠けているのは嫌なので後日別の歯医者に行くと、歯を綺麗にしてくれた。そこの先生に話しでは欠けた歯を持って来てもらえたら付けられたかもしれませんと言われたそうだ。

同僚は最初からあそこの歯医者に行けば良かった…と後悔していた。

歯をポイッと捨てた歯医者、愛想もあまり良くなかった。その歯医者はもうない。私も職場に近いからと数回利用したことがあったが、行きつけの歯医者は慎重に選ぶようにしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です