「半分。青い」の豊川悦司さん。メチャ良い味…。

投稿者: | 2018年6月29日

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で秋風先生(豊川悦司さん)が初めて登場された時、この人。何?、天才ゆえの変わり者?と思っていたが、嫌いにはなれなかった。。

自分の思うがまま素直に生きてられる感じがして、どちらかと言うと好きなタイプだった。

鈴愛が成長すると共に、秋風先生も成長されてきたと言うか、丸くなってきたと言うか…。今日の放送では、今まで嫌っていた本名(美濃権太)を自分から名乗ったりするなど、近寄りがたい雰囲気ではなくなってきた。鈴愛のことを親の用に心配してくれる秋風先生、たまらなく好き…。💕

秋風先生良いキャラだな…。大人なんだけど、子どものような…。見ていて楽しい…と思っていたが、演じている豊川悦司さんは大変のようだ…。

 

豊川悦司さんと言えば、私世代は「愛していると言ってくれ」というドラマが思い浮かぶ人が多いのでは…。あの切ない恋にドキドキしながら見ていた。。この作品どのくらい前の作品だっけ…と調べてみたら、この脚本も北川悦吏子先生だったのね…。知らなかった。。

豊川悦司さん、ここ最近ではクスッと笑えるようなCMなどに出てられることが多く、今回の「半分。青い」は、クスッと笑える回数の多いこと。。これからの秋風先生の成長?ぶりを見るのも楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です