左手のピアノ国際コンクール

投稿者: | 2018年9月10日

今日、NHKラジオのマイあさラジオを聴いていると「左手のピアノ国際コンクール」の紹介がされていた。なんと世界初!らしい。実行委員長の智内威雄さんは東京音楽大学ピアノ演奏科コース卒業という経歴を持ちながら、局所性ジストニアを右手に発症するされ、普通の生活はおくれるほど右手は回復したが右手でピアノを弾くことは困難になってしまったとラジオでは言っていた。


「左手のピアノ国際コンクール」は、右手に障害がある方の為のコンクールかな…伴奏みたいな曲ばかりかな…と話しを聴いていたが、左手だけのピアノ演奏を聴いてびっくり!左手だけとは思えないダイナミックな演奏…。まるで両手で弾いているように聴こえた。どこかで音源アップされてないかな…と検索するとあった!こちら

右手でピアノを弾けなくなった智内威雄さんはどん底に落とされたような気持ちになったが、左手だけで演奏する曲と出会われて左手のピアニストになられたとの事。

コンクールに出場されるの方は右手に障害がある方も参加されるが、健常者の方も参加される。

今、我が子は左手を骨折中でピアノは右手だけの練習をしている。「右手のピアノ国際コンクール」なんてのもあるのかしら…と調べてみると、それはなかったが右手のピアニストと言う方はおられた。

 

我が子が帰ってきたら片手だけでもすごい演奏になるんだよと聴かせよう…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です