ハードディスクを圧迫、Windows.oldを消すべきか…

投稿者: | 2021年3月24日

私のノートパソコン、3月13日に大きなWindowsアップデートが行われた。バージョン20H2。更新が溜まっているな…再起動しよう~と軽い気持ちでパソコンを再起動したら、時間はかかるし、その後パソコンの中も大分変ってしまった…。🙄

Windowsアップデート バージョン20H2

 

中でも変わってしまったのが、ハードディスクの容量…。新しい機能もあるようだが、個人的にはこちらが問題で…。元々私のパソコンのCドライブは容量が少なかったのに、その残りの容量5GBを切ってしまった 😨

Cドライブ 圧迫

 

その原因がWindows.old。大型アップデートが行われた時に出来る物。

Windows.old

 

その容量が半端ない大きさ…。21.6GBもある😖

Windows.old

 

今回の大型アップデートを行った後「Windowsの以前のバージョンを削除しますか?」とメッセージが表示されるようになった。

Windowsの以前のバージョンを削除しますか?

 

さて、どうしたものか…と迷い10日以上経ってしまった。上記のメッセージが気になるのが…

警告:旧バージョンに復元することはできなくなります。

と言うメッセージ。それで現在まで削除出来ないでいる。Windows.oldはほっておいても消える物と言われている。10日で消える、1ヶ月消えるなどの書き込みがあっていたが、10日経っても消えないので1ヶ月で消えるのだろう。(1ヶ月はかからなかった。下記の追伸参照)

私の場合、今回のアップデート直後調子が悪く、パソコンを完全なシャットダウンを行った後、バッテリーや周辺機器を外して放電を行った。その後は問題なく使えている。バードディスクは赤の状態で容量は少ないが、今のところ問題なく使えているので、Windows.oldは消さないで使っている。ハードディスクの容量が少なくなると不安定になると言われているが、そちらの問題は今のところ出てはいない。もしも問題が起きて旧バージョンに戻したくなった時に戻せない方が困るのでWindows.oldが自動で消えるまで待っておこうと思う。

 

追伸。
3月29日ふとハードディスクの容量を見ると増えていた。それでCドライブの中を見てみるとWindows.oldが自動で消えていた。自動削除まで1ヶ月はかからないようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です