セイキンからサンマの食べ方学ぶ

投稿者: | 2017年8月27日

秋も近づいて生サンマ(秋刀魚)がお店に並ぶようになった。主人がサンマを好きでないので躊躇してしまうが、せっかくならば旬の魚を食べたい。それで悩んで太刀魚とサンマを買って帰った。太刀魚も2切れ、サンマも2尾入っていたので4家族としては丁度良い。そして子どもたちにどっちの魚を食べるか選ばせると2人ともサンマを選んだ。意外…。私も久しぶりにサンマを食べたかったが、必然的に太刀魚を食べることになった。残念。。

秋刀魚

子どもたち、魚を綺麗に食べれないと思っても、自分で食べさせるようにしている。特にサンマなどは綺麗に食べれなく無残な姿になりそうだが、大人になった時、魚自分で食べれない…となったらまずいので、そのうち上手になるかな…と思って食べさせている。

すると息子が何これ?と言いだした。見てみると内臓(はらわた)のことを言っていた。セイキンがサンマを食べていた時はこんなものなかった!と言う。サンマの食べ方もYouTubeか…。今の子どもは…。しかしその動画を見ていたからか息子は上手に魚を食べていた。しかし内臓(はらわた)は残していた。昔、内臓を取って焼いていると知人に話したら、そのまま焼いた方がおいしいのよ!と言われ、それからは包丁は全然入れず1尾そのまま焼いて食べている。確かにその方が新鮮でおいしい。そして塩サンマより生のサンマを買って自分で塩をして食べた方が断然おいしい ♪。

今日息子とセイキンの魚の正しい食べ方、知ってますか?を見てみた。確かに内臓(はらわた)は取り除かれているようだ。今度は是非内臓(はらわた)が入っているサンマの食べ方を実演してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です