今の炊飯器は釜で米が洗える!

投稿者: | 2018年3月1日

炊飯器をもらった。たまたま釜のコーティングがはがれてきていたので丁度良かった。

釜のコーティング

 

今までいくつかの炊飯器を使用してきたが、使っていくとコーティングがはがれていた…。コーティングがはがれた炊飯器でご飯を炊くと、たまにご飯をほぐす時にこのはがれたコーディングがご飯の中にまざったりすることがあるので、そろそろ買い換えないと…と思っていたのでとても助かった。今回頂いたのは三菱 IHジャー炊飯器(5.5合炊き) ピュアホワイト 備長炭炭炊釜 NJ-VE108-W

 

 

箱を開けてみると今までの炊飯器よりかなりコンパクトにだった。前の炊飯器は5合炊きで今回のは5.5合炊けるのにコンパクト。長方形が正方形になったと言う感じ。またコンセントが掃除機のように直せるようになっていたのにも驚き。😳

炊飯器コンパクト

 

しかしそれ以上に驚いたこと。使う前に説明書を見てみたら何とこの炊飯器、内釜で米を洗えますと書いてあった。

釜で米が洗える

 

今までは内釜で米をといではいけないと言われていた。我が家の今までの釜のようにコーティングがはがれるからである。それでボールで米をとぎそれから内釜に入れていた。それでもはがれていたのに今度の釜は米を洗って良いと書いてあったのでびっくり。😵

炊飯器も使用方法が昔と変わってきて、ご飯は炊けたらすぐほぐすこと。米を洗ってしばらくおく必要はなくすぐ炊いて良いと書いてあったり昔の常識と違うことが多々あるので説明書はよく読まないと…と思った。炊けたらすぐ開けてほぐす必要があるのは炊けた時むらしが終わった状態だからと書いてあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です