熊本市の医療費助成金、今年から変更があったが…

投稿者: | 2018年3月7日

今年になって初めて子どもを病院に連れて行った。平成30年1月から子ども医療助成制度が変わりますと新しいひまわりカードが送られてきていた。その新しいカードを持って行くと??と言うことがあった。

新しい制度は今まで小学生までが対象だったのが中学生まで拡大された。しかし負担金は少し上がっていた。娘小学2年生は今まで1つの医療機関で月500円までの負担だったのが700円までになった。中学1年の息子は今まで対象外だったのが1,200円までの負担となった。

この新しい制度の通達を見た時に、小さいお子さんがおられる家庭は大変だな…と思った。小さい時の方が病院にかかりやすく、大きくなるにつれて病院もあまり行かなくなるのでトータル的に見て家庭の負担金が増えるような気がした。

入院が多い家庭では中学校まで無料になったのは有難いことかな…。入院代ってかなり高いでしょうから…。

まあそんなことを考えながら皮膚科に娘を連れて行くと薬局でも料金を取られた。え?今まで無料だったのに…とひまわりカードを見てみると調剤が0でなくなっていた。

 

◆ 今までのひまわりカード

旧ひまわりカード

 

◆ 新しいひまわりカード

新しいひまわりカード

 

新しいひまわりカードが送られて来た時…

「対象を中学3年生まで拡充します」

とデカデカと書いてあったが調剤薬局のことは書かれてなかった。よく見ると負担金が…という感じだった。

 

しかし昨日小児科に連れて行ったら調剤費はかからなかった。院内でお薬を出される病院は調剤費を含めての700円までとなるようで診察代と調剤費含めて700円だった。1医療機関で700円までとなるので院内で薬を出される病院の方がお得!と言うことになるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です