難関 小学3年生の割り算

投稿者: | 2018年5月14日

娘小学3年生の勉強でつまずいてしまった。漢字が急に増えて大変そう。。「コウ」という漢字でも「校」「工」「光」「公」「行」…と小学2年生までの漢字もたくさんある。それを使った漢字、例えば「発行」なんて熟語が出てくるとどれを使って良いか分からない様子。多くの言葉をあまり知らない娘は言葉の意味を教えて、それならばこの漢字かな…と覚えていく必要があり時間がかかる…。

漢字だけかと思っていたら割り算でもつまずいていた。最近、進研ゼミ小学講座 チャレンジをあまりしたがらないな…と思っていたら、どーも難しくなってきたので、やりたがらなかったようだ。先日まで楽しそうに割り算をしていたが答えが2ケタの割り算、39÷3のような割り算でつまずいていた。一緒にしようか…と言って一緒にしていたら難しくてウトウトしだし寝てしまった。。。😅

ならばと昨日一緒にお風呂に入った時にゲーム感覚で割り算をしていたら、ちょっと分かってきだし、もっと出して!とやっとやる気になって来た。答えがあっていたら、たくさんほめるとやる気になってくれた。

お風呂から上がってチャレンジウェブで割り算の問題を印刷してあげた。チャレンジウェブはいろんな学習がある。今までは漢字計算WEBをよく利用していた。会員番号でログインする必要があるが、1ページに少ししか載ってないので、ちょっとだけやりたいな…という時に丁度良い。

チャレンジウェブ

 

下記は計算ドリル。答えもあるので助かる…。漢字はちょっと私自身苦手で微妙な時があるので…。😅

算数ドリル

気分が乗っている時に割り算の問題を1枚印刷してあげたら、全問正解していた。先日漢字を山ほど印刷してあげたらあまり進まなかったので1枚だけの方が良いようである。大人も仕事が山積みだとやる気が出ないもんな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です