Excel VBAでユニコードは文字化けするので、ChrW関数を使用!

投稿者: | 2018年10月10日

Excelで書類を作成してもらいたいと依頼があり作成していたが、今回どうしてもVBAを使用しないとうまく出来ないという壁にぶち当たった。久しぶりVBAでソースコードを書いていたが、入力出来ない文字が出てきた。

ユニコード(unicode)

リットル「ℓ」を入力したかったが、?になってしまう。

Excel VBA ユニコード

 

何か方法があるはず…と調べてみると、ChrW関数を使うと良いと言うのが分かった。その為にはユニコードの番号を調べる必要が出てきたのでWordの方で調べることにした。Wordを起動し右クリックすると「記号と特殊文字」とあるのでそちらをクリックする。

Excel VBA ユニコード

 

お目当てのリットル「ℓ」を探しだしクリックする。すると下の方にコードが表示される。

Excel VBA ユニコード

 

ChrW(&H」に続けて調べたコードを入力しカッコ「」で閉じる。今回はChrW(&H2113)と入力すると「」を入力することが出来た。

Excel VBA ユニコード

 

今回のVBAを実行させると下記のように入力されるようになった。

—————————————————————————-

Sub リットル()

Dim in_01 As Integer

in_01 = InputBox(“何リットル?”)
Range(“A1”) = in_01 & ChrW(&H2113) & “/min”

End Sub

—————————————————————————-

 

Excel VBA ユニコード

文字を入力させる時、ダブルコーテーションが必要か迷ってしまうが、関数なので不要だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です