プリウス(PRIUS)、救援車とならず?!

投稿者: | 2018年11月25日

昨晩、息子を塾まで車で送って行こうとしたら鍵が開かない…。鍵の電池が切れたかな…と思ったが鍵のランプは付いている。いろいろ確認してみると鍵ではなく、車のバッテリーが上がっていた。今の車はスマートキー(電子キー)なのでバッテリーが上がると鍵さえも開かないのよね。。スマートキー(電子キー)からメカニカルキーを出して車を開けたよ…。その方法はこちら

私が乗っている車はトヨタのヴィッツ(Vitz)。主人の車はプリウス(PRIUS)。主人の車と私の車をブースターケーブルでつないでエンジンがかかるように(ジャンプスタート)しようとした。プリウス(PRIUS)を救護車にしようとしたのだが、主人がネットで調べてみると…。

プリウス(PRIUS)を救護車に出来ない!!

と書かれていた。逆に助けてもらうことは出来ても助けることは出来ないそうだ。せっかく父からブースターケーブルをもらっていたのに…ハイブリッド車は救護車に出来ないそうだ。😒

私のヴィッツ(Vitz)はいつ購入したかな…と調べてみた。来年の2月で5年になるのでそろそろバッテリーの交換時期のようだ。しかし昔私が乗っていた別の車はエンジンがかかりにくいな…、ライト付けっぱなしだった!などの後にバッテリーが上がっていた。今回は何の予兆もなかった。。

私の車は子どもたちの送り迎えなど近距離の運転が多い。近距離の運転が多いとバッテリーの交換時期は早くなるようだ。

バッテリーがどのような状況かな…と自分で確認できるのはバッテリー液の量ぐらい。。バッテリー本体に「UPPER LEVEL」と「LOWER LEVEL」と書いてあるが、その間にバッテリー液があれば大丈夫とのこと。昨晩は暗かったので今朝ボンネットを開けて確認してみた。

バッテリー液

 

はっきり言ってよく見えなかった…。😞 かすかに見えるところから見ると、バッテリー液は「LOWER LEVEL」の下のようだった。バッテリー液を追加することも出来るそうだが、車を購入してもうすぐ5年、そして近距離の運転が多いので、思い切ってバッテリー交換をすることにした。

 

バッテリーを交換する時にはバッテリーの品番が必要になるらしく、私の場合下記の46B24Lと言ったら分かりましたと言われて料金を調べてくれた。

バッテリー

 

昨日はたまたま家でバッテリーが上がったから良かったが、出先で上がったのだったら…と考えるとゾッと😱 した。今日と明日は車なしの生活…。こちら田舎の熊本だと車なしって不便なのよね…。そんな時に限って米が切れそうで…今日米を買った後、父に家まで送ってもらった。。今日は父の誕生日なのに申し訳ない…。😣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です