年末、プリンタのシーズン エコタンク方式のその後

投稿者: | 2018年11月26日

昨年末に初めてエコタンク式のプリンタを購入して、とある企業に導入した。その後どうですか?と聞くとやはりインクの持ちは素晴らしく、まだ新しくインクは購入していないとのこと。写真に関してはボチボチで、5色、6色使用のプリンタにはかなわないが、ビジネスとして使うには十分なプリンタだ。

現在EPSON(エプソン)はいくつかのラインナップを発売している。エコタンクプリンタの先駆けのエプソンは3つのラインナップがある。ハイエンドは写真も高画質!となっている。その分スタンダートタイプよりインクコストは高くなっているが、インクカートリッジに比べると断然安い!

エプソン エコタンク

 

現在はCanon(キャノン)もタンク式のプリンタを販売している。

Canon(キャノン) G3310

キャノン G3310

 

年末になるとプリンタを買い替える人が出てくる。。年賀状シーズンで久しぶりにプリンタを使ったら、印刷できなかったなど。。私の父は紙が詰まった!取れない!と言って電気屋さんに持って行ったが修理になると言われて新しいプリンタを購入してきた。。そこまで印刷しないからと安いプリンタを購入してきたが、今まで買っていたインクが使えない…と嘆いていた。新しいプリンタで昔のインクが使えるということは滅多にない。。これもインクをたくさん買ってもらえるようにと…プリンタメーカーの戦略か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です