すっぴん!アンカー藤井彩子さん、女性として初めて甲子園中継したアナだった!

投稿者: | 2018年11月30日

NHKラジオ、すっぴん!藤井彩子アンカーがNHKウィークリー ステラに載っていると聞いたので、先日書店に行ってきた。通常だったら次の号が出ている頃だったが、悪天候か何かで書物が遅れているらしく、そのおかげでゲットすることが出来た。😆

ステラ

 

特集でなく、企画として載っていたのでそこまで多く載ってはいなかったが、曜日ごとのパーソナリティーのコメントもあり読みごたえはあった。10/12放送のパーソナリティー、源一郎さんの回に密着取材されていた。

すっぴん!

すっぴん!を昔から聴いているが以前は年度が変わるとパーソナリティーが変わることがよくあった。水道橋博士さんや津田大介さんが担当していたこともあった。今は年度が変わってもパーソナリティーが変わることがなくなったが、最初から変わらないのはユカイさんと源一郎さんだけではないかな~。とにかく個性派ぞろいのパーソナリティーを1人で担当されている藤井アンカーは素晴らしい…。👏 それぞれの個性をうま~く引き出しているのは藤井アンカーのおかげ…。

プロフィールを見てびっくりした。なんと…

藤井彩子アンカーは女性として初めて甲子園中継したアナだった!

浅い記憶だが、甲子園の実況中継の練習をしている人たち…ということで何かの番組に取り上げられていた。その中に女性がいます!と紹介されていた人がいた。あれは藤井アンカーだったんだ!個性的な声だった記憶があるので藤井アンカーだ!

いろいろ調べてみると今年の第100回全国高等学校野球選手権記念大会でNHKラジオ実況を沢田彩香アナウンサーが担当との記事を見つけた。そこには…

女性アナが同ラジオ実況を担当するのは99年、藤井彩子アナ以来、19年ぶり2人目。

 

と書かれていた。女性が中継するって今でも珍しいのね…。確かにあまり聞いた記憶がない…。

 

最近、アナウンサーのことをアンカーと聴くことが多くなってきたが、アンカーって何だろうと気になっていた。そのこともステラに書いてあった。

アンカーとは…?

放送や新聞社などで現行の最後のまとめをする人のこと。英語の「anchor(いかり)」からきた言葉で、もともと「どっしりと安定した頼りの綱」「リレーの最終走者」という意味があることに由来する。

私の感覚ではテレビよりもラジオの方でアンカーと聴くことが多いような気がする。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です