子どもを探す時にも、使える「iPhoneを探す」機能

投稿者: | 2018年7月28日

私はiPhoneが鳴っても気が付かないことが多々ある。ガラ系の時もあったがガヤガヤしたところだと聞こえない。。息子も昨日そうだったようで塾なのに帰って来ず、電話をするが出ない…。LINE電話はどうかな…と鳴らしてみるがダメ…。何度電話しても出らず、塾の時間が刻々と迫っていた。。

それでふと、iCloudにログインしiPhoneを探す機能を使ってみてはどうかと試してみることにした。息子のIDとパスワードは分かるのでログインしてみた。逆に息子はIDは知っているがパスワードは教えてない。勝手にアプリを入れないようにしている為。

早速ログインしてみると息子がどこにいるかまで分かった。

どこにいるか〇で表示されるので、そちらをクリックすると「サウンド再生」が表示される。そちらをクリックすると数秒間後、再びサウンド再生ボタンに戻った。息子が止めたのだろう。再生を止めないと大きい音が鳴り続けるのですぐ止めたようだ。

iPhoneを探す

 

その後普通に電話すると今度は電話に出た。やはり電話に気が付いてなかったようだ。

電話に気が付かない時はこのiPhoneを探す機能は使えるなと思った。iPhoneの標準の電話の呼び出し音に比べると、とてもうるさい。。。探す為に大きな音の設定なっているからだろう。。とても急ぎの時には使えるな、と思ったが、あまりに頻繁に使うと息子に嫌がられそうなので、ほどほどにしよう。

今どこにいるのかな?という時にもiPhoneを探す機能は使えるが、これも必要最小限にしておかないと思春期の中学生からは嫌われそう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です